血液のしみぬきはどうすれば綺麗になる?


服について厄介なものといえば血液ではないでしょうか。
放っておくと赤黒く固まってしまい、洗濯しても落ちにくくなってしまいます。
それに一度洗濯して血液が残っているとさらに落ちにくくなるのでとっても面倒です。

きちんと血液のしみぬきをしたいと思っているのでしたら
洗濯をする前に中性洗剤を使って染みを落としてみてください。

中性洗剤をつけて染みの部分を摘まみ、揉み洗いをしていきます。
色が落ちてきたと思ったら水洗いをしてどのくらい落ちているか確認してみましょう。

続きを読む
posted by 染み抜き at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

革靴の染み抜きはちょっと面倒


お気に入りの革靴だったりするといつまでも綺麗にしていたいものですよね。
しかし、お気に入りの革靴も履いていればいつかは汚れてしまうので、
その都度お手入れをすることを忘れないようにしましょう。

特に雨が降った時に履いていた場合は雨の染みがついてしまうことがあるので
染み抜きを必ずするようにしてくださいね。

革靴の染み抜き方法はどんなものをつけてしまったのかによって変わります。
原因が分かっているのでしたらそれに合った方法で染み抜きをしていけばいいのですが、
何なのか分からない時や範囲が広い場合であれば無理して自分で染み抜きをするのではなく、
専門の方に任せるようにすると綺麗な状態になって戻ってきますよ。

続きを読む
posted by 染み抜き at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古書画染み抜きをして部屋に飾ろう


染み抜きというと衣服やバッグといったものが思い浮かぶかと思います。
良く食べ物の染みなどを作ってしまうことが多いのでそう思うのかもしれませんが、
染み抜きが必要なのは何も衣服などだけではありません。
古くからその家にある古書画に関しても染みがついてしまっている場合には染み抜きが必要になります。

必ずしも必要というわけではありませんが、綺麗な状態にしたいと思っているのでしたら
古書画染み抜きをしてみるといいですよ。

続きを読む
posted by 染み抜き at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絨毯の染み抜きは家でできる


よく食事をしている時に染みを作ってしまうことが多いと思います。
大半が服に染みを作ってしまいますが、その次に多いのが絨毯の染みですよね。
ジュースを零してしまったりテーブルに乗っけていた料理を落としてしまったりなど
いろいろな理由で染みを作ってしまいますが、絨毯の染み抜きって家庭で出来るものなのでしょうか?

絨毯の染み抜きは基本的にクリーニングに持って行く人が多いですが、
クリーニングに持って行くと何千円という料金がかかってしまうので結構な出費になりますよね。
溜息が出てしまう人も多いと思いますが、絨毯の染み抜きは家にあるもので簡単にできるのだそうですよ。

絨毯の染み抜きの方法はいろいろあります。
小麦粉を使うものや中性洗剤を使うもの、重曹を使ったものなどがあります。
小麦粉と重曹は使い方が同じなので、どちらか片方でもあればいいかと思います。

続きを読む
posted by 染み抜き at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血のしみぬきには中性洗剤が有効


怪我をしてをハンカチなどで服と後で赤黒く変色してしまいますよね。
洗濯してもなかなか落ちなくなるのでかなり厄介だと思いますが、
その厄介な染みも中性洗剤と漂白剤があれば簡単に落とせるのだそうですよ。

最初から漂白剤を使うのではなくある程度血のしみぬきを行ってから漂白剤を使うようにすると
全く気にならなくなります。

しみぬきの方法ですが、まずは少しだけ水をつけて
その後に中性洗剤を歯ブラシなどにつけて洗っていきます。

続きを読む
posted by 染み抜き at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。